JAPAN SMART DRIVER

石川 善樹 (医学博士)

これからのドライブは、いかに“変な人”と出会うか

予防医学、脳科学、行動科学、計算創造学、マーケティング、データ解析などを専門分野とする石川氏が最近考えているのは「都市とは何か?」。都市は人が密集する、そこから貧困が生まれ不衛生になり、病が蔓延する。こうした連鎖を断ち切るために医療が必要になる。同じように、交通安全もまた都市を起点に生まれている。都市の最大の欠点は好きな人とだけ付き合えば良いという発想になってしまうこと。そこにいかに多様性、イノベーションを生み、いかに“変な人”と出会うかが大切。スマートドライバーに当てはめて考えると「スマートなドライブとはいかに多様性を広げられるか?思わぬ発展を生み出すことこそが今後必要とされてくるのだろう」と語る。

この記事をシェアする

戻る