興味を持つ人が増えると、社会は少しずつ変わっていく。SMART DRIVERS RESEARCH

SMART DRIVERS RESEARCHは、TOKYO SMART DRIVERが運営する未来の交通安全対策を研究するプロジェクトです。
思いやりのあるドライバーが増えれば、交通事故はきっと減る。東京スマートドライバーは1件でも多く交通事故を削減しようと、過去6年間に様々な取り組みを行ってまいりました。“悪い運転を叱るのではなく、良い運転を褒める”という思想は全国で14万人以上の方に賛同していただくまでに広がりました。これは発足当初は想像し得なかったことです。私たちは「もっと着実に交通事故を減らしたい」という強い思いを抱いています。そこで、これまで続けてきた善意あるドライバーへの呼びかけに加え、普段はあまり交通安全を意識したことのない人々も巻き込み、社会全体の機運としてスマートドライブを定着させたいと思います。SMART DRIVERS RESEARCHは、日々進化している交通安全のための技術やアイデアを従来の観念にとらわれることなく、積極的に紹介していきます。このページをきっかけに、交通安全のための情報に多くの人が触れ、新たな気づきが生まれることを願ってやみません。

2014年1月 東京スマートドライバー事務局


データ使用に関して
TOKYO SMART DRIVER は交通事故削減を目的としたプロジェクトです。TOKYO SMART DRIVERおよび、SMART DRIVERS RESEARCHで公開されているデータは交通安全につながる大切なデータだと考えております。こちらのデータを使用した活動をお考えの企業、団体の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ
BACK TO TOP