ジェントルスマートドライバー計画

年度末は物流の動きが盛んになり交通量の増加と比例して、交通事故のリスクも高まります。
この時期ドライバーはいつにも増して忙しく、きっと疲れもたまっているはず。
疲れると注意力が散漫になり、首都高の事故原因の大きく占める、「前方不注意の追突事故」につながることも考えられます。
今年のジェントルスマートドライバー計画では「自分のコンディションに気を配ることで、交通事故は未然に防げるのでは?」という仮説を設定。
プロとして意識の高い紳士・淑女なドライバーたちと共に追突事故を減らすための方法を研究します。

  • いますぐスマートドライバー宣言

首都高なるほどデータ
  • 渋滞の多い年度末には交通事故が増加する。
  • 追突事故の約5割が前方不注意が原因。
  • 長時間運転は見えない疲労と眠気を生む。
ジェントルドライバーラボ
ジェントルドライバーズラボで研究する3つの課題
SMART DRIVERS RESEARCH 富士通株式会社

SNSでも運転中の疲労や眠気に関するデータを発信中!

SMART FACEBOOK

SMART TWEET